プロジェクトメンバー

さすけなぶるプロジェクトリーダー

所属 福島大学
うつくしまふくしま未来支援センター
特任教授
氏名
天野 和彦
コメント 災害時には、普段準備していた以上のことはできないと、これまでの災害の現場でよく言われてきました。
この避難所運営シミュレーション教材「さすけなぶる」をとおして、東日本大震災・ふくしまの教訓や知見を発信していきます。ぜひみなさんと、学びの場でお会いしましょう!!!

さすけなぶるプロジェクトメンバー

所属 中越防災安全推進機構
氏名
稲垣 文彦
所属 高知大学
氏名
大槻 知史
コメント 東日本大震災の教訓を高知県など南海トラフ巨大地震の「未災地」に生かすお手伝いをしたくてプロジェクトに参加しています。
避難所は被災者が生命をつなぎ、暮らしを取り戻す大切な居場所。「さすけなぶる」を通じて、みんなに優しい避難所運営を一緒に考えましょう!
所属 福島大学COC
氏名
北村 育美
所属 東北大学災害科学国際研究所
氏名
定池 祐季
コメント 「さすけなぶる」で学ぶ「5つのキー」は、
私自身、避難所運営ばかりでなく、自分のこれまでとこれまでの「生き方」について
考えさせられるものです。
参加者のみなさんと、学び合いができることを楽しみにしています!
所属 株式会社CIA
氏名 原田 慎
コメント さすけなぶるでもっとも大切な考え方である「5つのキー」をたくさんの方々に知ってもらえるようにがんばります!
所属 東北福祉大学
氏名 三澤 寿美
所属 一般社団法人地域防災支援協会
氏名
三平 洵
コメント 東日本大震災、熊本地震、常総水害・・・
災害時に老若男女、多様な方が避難をする避難所で
発生した問題はどのようなことだったのか?
首都直下地震など、次の災害に備えるために、
過去の教訓を基にして対策の方向性を一緒に考えてみませんか?
所属 一般社団法人地域防災支援協会
氏名 吉田 まり子
所属 にいがた災害ボランティアネットワーク
事務局長
氏名
李仁鉄
コメント あなたにとっての「災害対策」とは?
物資の備蓄はしてある。
マニュアルもできた!
…では、その次は?
さすけなぶるで、一緒に考えてみませんか?