東京さすけなぶる体験会 参加者募集!

 首都直下地震や南海トラフ巨大地震、東京・荒川流域の大規模水害など、これから発生が予想されている自然災害に対して、私たちはどのように備えたらよいのでしょうか。そのための事前対策の一つが、過去の災害ではどのようなことが起き、その課題や対応策のポイントは何であったのか、過去の災害の教訓から学ぶことです。福島大学・さすけなぶる研究会では、2011年に発生した東日本大震災での避難所における教訓を収集し、「さすけなぶる」という体験型の防災学習パッケージにまとめました。今回は東京大学と共催で、首都・東京の地域特性に合わせた「東京さすけなぶる」の体験会を開催いたします。

都内でさすけなぶるを体験できるチャンスです!

 

会場

東京大学 本郷キャンパス情報学環本館 地下一階
オープンスタジオ 中山未来ファクトリー
(東京都文京区本郷7-3-1)

アクセスはこちら

開催日程  2019年 8月4日(日) 13:00~16:00
参加費  無料  定員 30名(先着順)
参加対象 ・東日本大震災など過去の災害で被災地支援を行ってきた法人・団体の方
・避難所や要配慮者対策など、地域の防災対策に関わる法人・団体の方
・過去の災害の教訓を次の世代に伝えていきたい思いをお持ちの方
プログラム プログラムの詳細はチラシPDFをご覧ください。
申込方法 申込期限 2019年7月26日(金)

 

[FAXでのお申込み]
申込用紙はこちらから

[WEBからのお申込み]
お申し込みはこちらから

注意事項 ・参加費は当日会場でお支払いください